WordPressに著作権表示を追加する方法

WordPressに著作権表示を追加する方法


インターネット上で見つけたほとんどすべてのWebサイトには、サイトに関する基本的な情報を提供する著作権表示があります。法律が変更され、著作権記号を配置しても実際にはあなたの作品が保護されない場合でも、Webデザイナーが作成したWebサイトのフッターに通知を書くという不文律があります.

通常、著作権表示は、いくつかの要素のみで構成される単純なテキストです。作成するには、次のものが必要です。

  • 著作権記号
  • 作成日
  • 著者名
  • 権利ステートメント

すでにお伝えしたように、必要なものを自由に追加できます。必要がない場合は、著作権記号を付ける必要はありません。通知へのリンクまたは好きな他のテキストを使用できます。.

動的な著作権表示を作成する方法

OK、あなたは著作権表示自体について読むためにここにいないと思いますが、WordPressでそれを作成する方法を知りたいと思います。おそらく、動的に変化するものを作成すると、ラベルを変更するためだけにフッターを毎年更新する必要がなくなります。作成して、将来の著作権表示について心配するのをやめましょう。コードを変更したくない場合は、プラグインを使用して同じ作業を行うことができます.

  1. 次のコードをコピーして、テーマのfunctions.phpファイルに貼り付けます。
  2. function create_copyright(){
    $ all_posts = get_posts( 'post_status = publish&order = ASC');
    $ first_post = $ all_posts [0];
    $ first_date = $ first_post-> post_date_gmt;
    _e( '著作権©');
    if(substr($ first_date、0、4)== date( 'Y')){
    エコー日付( 'Y');
    } そうしないと {
    echo substr($ first_date、0、4)。 「-」日付( 'Y');
    }
    エコー ' '。 get_bloginfo( 'name')。 」 ';
    _e( 'All rights reserved。');
    }
  3. 変更内容を保存
  4. footer.phpファイルを開く
  5. テーマに既にある著作権情報(ある場合)を見つけて、次のPHPコードに置き換えます.

  6. たとえば、Twenty Seventeenテーマで作業している場合、フッター領域に「Proudly powered by WordPress」の通知をエコーするHTMLコードがあります。このコードを次のコードで上書きするだけです。

  7. 変更内容を保存

コードを何も変更していない場合、新しく作成した著作権情報は次のようになります。

Copyright©2017 最初のサイトガイド 全著作権所有.

著作権表示のみを変更したい場合は、これで完了です。次の数行で、上記のコードについて説明します.

上記の関数は、WordPressディレクトリ内のすべての投稿を検索します。それはこれまでに公開された最初のものを取得し、その日付をフェッチします。この部分は、過去数年でWordPressプロジェクトに取り組み始めた場合に重要です。その場合、著作権表示は開始した年を自動的に書き込み、必要に応じて現在の年を追加します。今年ブログを開始した場合、現在の年のみが表示されます.

その後、この関数は「著作権」テキストとそれに続くよく知られた©記号を書き込み、一般設定ページからブログ名を追加します。最後に、「All rights reserved」というテキストが表示されますが、もちろん、好きなように変更できます.

ジェネシスユーザー:

Genesisフレームワークに基づいて構築されたテーマがある場合、必要なものはすべて1つのショートコードですでに用意されています。次のショートコードを使用して、現在の年を生成し、前後にテキストを表示します。

[footer_copyright first =” 2007″ before =” Text” after =” Text”]

コードのカスタマイズに慣れていない場合は、無料のプラグイン形式のシンプルなソリューションですべてを実行できます。 OK、それはあなたの個人情報を推測しないので、あなたはまだここに単語とそこに単語を入力する必要がありますが、あなたはおそらくそれほど嫌いなコードを書く必要はありません.

フッターパター

価格:無料

フッターパター

フッターパターは面白い名前の無料プラグインです(「フッターパター」を3回続けて言って真面目な顔をしてください)。プラグインはあなたのために汚い仕事をします、そしてあなたがしなければならないすべてはすぐにそれを設定することです。その後、フッターパターと著作権表示を忘れることができます。何もしなくてもすべてが行われるからです。.

  1. まず、 プラグイン->新規追加
  2. 「フッターパター」を検索します
  3. プラグインをインストールしてアクティブ化する
  4. WPメニューのフッターパターに移動し、フッタークレジットを開きます

  5. ここでは、サイト所有者情報、組織の住所、検索エンジンで使用される地理座標、連絡先、法的詳細などの詳細を入力する必要があります。完了したら、下にスクロールして、新しく作成した著作権情報のプレビューを表示します.

  6. 変更内容を保存
  7. 開いた 外観->ウィジェット
  8. フッターの著作権ウィジェットを見つけて、新しく作成した情報を表示したいウィジェット領域にドラッグします

テーマのフッターにウィジェット領域がない場合は、ウィジェット領域を作成する必要があります.

誰かがテキストをコピーしたときに、クリップボードに著作権情報を追加する

何かをインターネットで公開することにした場合、他のユーザーがコンテンツをコピーするのを阻止することはできません。あなたはそれを知っており、それについてあなたができることはほとんど何もありません。文章だけでも、ストーリー全体を書いても、描いた写真や画像でも、作成したビデオでも、その他何でも、一般公開され、誰でもアクセスできるようになります。それを守る.

特別な予防策を講じてコンテンツの安全性を高めたとしても、完全にコピー防止にすることはできません.

WordPressに著作権表示を追加する

それを念頭に置いて、引き続き努力して警告や著作権の通知を作成したり、コピーを完全に無効にしたりすることもできます。あなたができる他のことの1つは、人々があなたのサイトからコピーできるテキストへのリンクを追加して、彼らにそれをさらにペーストさせることです。この機能を実行している多くの人気のあるWebサイトの1つで機能が動作しているのを見たことがあるでしょう。あなたが彼らのウェブサイトからテキストをコピーした場合、あなたは次のようなことを言っている追加のテキストを持つことになった 「www.domain.comで詳細を読む」.

ユーザーがウェブサイトからテキストをコピーするのをブロックするのではなく(本当にやりたい場合は回避策があります)、ウェブサイトの名前を追加して、元の投稿にリンクするだけです。.

サイトからコピーしたテキストへのリンクを追加します。

  1. footer.phpを開きます
  2. 次のコードをコピーして貼り付けます。
  3. 変更内容を保存

コードがフッターに保存されたので、誰かがあなたのウェブサイトからテキストをコピーしようとするたびに、元の投稿へのリンクが付いた補遺が、最初にコピーされたコンテンツの後に追加されます.

テキストをコピーした人でも、テキストエディタで追加した内容を簡単に削除できますが、少なくとも、コピーした内容に気付いていることを示しました。ほとんどの人は単純にその追加を削除しますが、誰かがあなたのサイトへのリンクを(意図的に、または意図せずに)残してくれることを期待でき、したがってあなたの仕事に感謝します.

まとめ

単純な著作権表示で他のユーザーがあなたのコンテンツをコピーするのを妨げることはないかもしれませんが、あなたがそれを持っていることが重要です。コードを手動で追加する場合でも、著作権通知を生成するためにプラグインを使用する場合でも、WordPressでは機能を簡単に処理できます。?

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Liked Liked